直腸腫瘍を内視鏡治療によって切除していただきました。

半年後のフォロー検査(大腸カメラ)を受けた結果です。

切除した直腸はすっかり元通りになっていました。

上行結腸に小さなポリープが見つかり生検をして組織検査をしていただきました。

結果は悪いモノではないそうですが、これを放置していると悪性になるかもしれません。

早めにとっていただき、命拾いをしたという思いです。

次のフォロー検査は2年後で良いと言われました。

私は年に一度は必ず受ける気持ちが強いと医師に申し上げたら、一年後にいらしてくださいと言っていただき帰宅しました。

今は、普段通りの生活もどりました。 内痔核はありますが、出血もありません

検査のことなどを詳しくブログにするつもりでしたが今に至ります

いずれ・・・

[PR]
# by nana55y | 2016-12-10 09:08 | Comments(0)

d0348070_22112468.jpg
大腸内視鏡検査の前日の食事。

前回は自分で「繊維の少ない食事」を自分で食べていました。 パンとスポーツ飲料だけ食べました。

今回はクリニックで指定の検査食を食べました。 

すごく美味しい。 食べごたえがある。 満腹感があるけどすぐに空腹になる。

空腹感を満たすためにスポーツ飲料を飲んでいます。 




[PR]
# by nana55y | 2016-06-30 22:17 | 経過フォロー | Comments(0)

EMRの半年後に大腸の内視鏡検査を受けることを退院前に言われました。

日常生活は普段通りで、排便時に出血がないのが幸せです。 

大病院で治療を受けた後は「紹介元の医療機関」で診察を受けるのが一般的だと思うのですが、違うクリニックへ診療情報提供書を書いて頂くようにお願いしました。

理由は 「クチコミ」。 にしやま消化器内科 です

「内視鏡検査に特化しているクリニック」の情報を、カメラ室勤務のスタッフより得ました。

紹介元の医師は乳がん検診のエキスパートで、加えて総合的に診察をされておられます。「痔」だと思い「痔の治療」を希望した医療機関でしたが「直腸がん」だったので内視鏡に特化した消化器内科での経過観察を望みました。
早期に治療を受けるレールを敷いてくださった、命の恩人の一人です。 
感謝を忘れることはありません。

勤務先の病院も内視鏡検査を施行していますが、恥ずかしい気持ちがあり検査を受ける気持ちにはなれません。しかし、入院設備があるので検査時による緊急的な処置が必要な場合は安心です。それでも嫌だわぁ・・

診療情報提供書を快く作成してくださった大病院の医師にも感謝します。 

そして半年が過ぎました。 
最近のクリニックはネットで予約ができるので便利ですね。

がんは採り切れているから大丈夫だと思うけれど検査しましょうと言われ「大腸内視鏡検査」の予約をしました。

で近々、大腸内視鏡検査を受ける予定です。

検査の前日は クリアスルーという検査食を食べて夜は下剤を服用します。

検査当日の朝にクリニックへ行き、洗腸剤を飲み、きれいになったら検査をしてくれます。

お通じの状態をクリニックの方が確認してくれるので安心です

[PR]
# by nana55y | 2016-06-29 21:49 | 経過フォロー | Comments(0)

直腸がんのEMR(内視鏡治療)を受けて 4か月が経ちました。
普段と変わりなく元気に過ごしています。

排便時に出血があり 「痔」だとばかり思って数か月は放置していました
あの時に「痔の手術を受けよう」と決心して良かった

「便潜血が陰性だから・・」と毎年受けていた人間ドックを信じて「痔」だと放置していたら進行がんになっていたと思います。

今は排便時出血はありません。 硬いお通じでも大丈夫です。

「痔」だと思っていたころは排便後の出血が怖くてずっとナプキンをつけていました。

その頃に比べると生活の質がずいぶん良くなりました。 

大腸がん検診で「便潜血」・・私は万全ではないと思います。

それに加えて 自分でお通じの観察。 「あれ? 変?」と思う気持ち。
辛いけれど 大腸カメラは受ける

などが大事だと思います。 なので 看護師をしており検査を受けるのを戸惑っている方には重要性を熱意をもって説明しています。 (くどいナースと思われているでしょうね・・笑)




[PR]
# by nana55y | 2016-03-02 09:18 | Comments(2)